【レビュー記事】新型!iQOS 2.4 PLUS レビュー 初期型との比較レビュー




進化したiQOS 2.4 Plusをたまたまゲットできたのでレビューします!

初代iQOSを発売当初にゲットして1年程、故障もしつつ交換を重ね使い続けていたんでんですがついに保証が無くなってホルダーが故障。

充電しても赤ランプが点灯し続けるお亡くなりに。

また修理(交換)できるやろうと思いiQOSショップへ。。。駄目だった。

保証切れてるので購入してくださいとの事。。。ガックリ。

ホルダー単品で5000円程。もうiQOS、故障も多いしやめようかと思っていたら店員のお姉さんが「今なら特別に新型のセットをご購入いただけます。」の誘惑。

直ぐに、「じゃあそれで」といい。

¥11,000.-が飛んでいきました。(笑)

 

てな事で自分もiQOS 2.4 Plusユーザーの仲間入りを果たしました。

←やメル気無い。(笑)

 

 

旧型と新型の差

 

公式ホームページに違いありが紹介してされているのでそれを引用。

 

世界で最も進化した
ヒートコントロールTMテクノロジーへ

たばこの内側から直接加熱する ブレードのコーティング技術の 改良により、たばこ本来の味わいがより一層楽しめます。

高輝度白色LEDを採用

明るい場所でもデバイスの ステータスがはっきり見えるように、高輝度白色LEDを採用しました。

充電時間を約20%短縮※

もっと自由に、快適に。
ホルダーを充電する時間が短くなりました。少ない待ち時間で、すぐ使えます。

※キットに同梱の2.4Plusの
ホルダーを2.4Plusのチャージャーで充電した場合のみ。

バイブレーター機能を搭載

加熱開始、および加熱終了残り30秒を震えて知らせる機能を 追加しました。より直感的に、より便利に使えます。

充電時間の短縮と白色LEDそしてバイブレート機能搭載。

充電時間短縮

初期型:5分

新型:4分

1分の短縮みたい。

まぁもともとiQOSはチェーンスモークができないので割り切っていたのでそこまでプラスには。。。と思ってけどまぁ早いに越した事はないか。iQOSの消費が増えていくケド。

 

白色LEDの搭載

これ良い。

スポンサードリンク

 

 

旧型は屋外で太陽が燦燦と照っていると光っているのが手で影を作って確認必須だったのですが、今回からの明るい白色LEDのお陰で太陽が照っていようが今光ってるいうのがわかります。

 

この改善は◎

要望が多かったに違いない。

 

バイブ機能

 

これ最高。

LED搭載で電源が入ったかどうかを確認するのは楽になったけど更にこのバイブ機能で体感的に「ちゃんと電源入ったな。」とわかる点。

あともうちょっとで終わりますよの時もブルっと震えてくれる。

iQOSずっと吸ってきているのでもう味が変わって電源落ちるなってのは感覚でわかるけどお知らせしてくれるのはやっぱいい。

 

デザイン、ボタンの変更

 

外見はぱっと見ほぼ変化なし。

でも充電器のクリーニングボタンそしてホルダーのライト部分が○から楕円に変更が。

 

 

最後に。

大幅な変化ではなくマイナーチェンジ感。

初期型で思っていた、「こうだったらいいのに』を実現してる商品だと思う。

吸い心地に変化は無い。(笑)

旧型を持っていて故障したユーザーはこっちを使ってみるのも良いかも知れないです。

まだまだ品切れが続いてるみたいですが、故障ついでにiQOSショップに行けば自分の様に新型ゲットできるかも!?

 

4/17よりコンビニでも新しいフレイバー2種の取扱も始まるようなのでこれからもっとiQOSユーザーが増えていきそう。

体には毒だからいずれは辞めなければ。。。。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です