YIEASY スーツケースや手荷物のポータブルはかり。重量超過料金を未然に防ぐ。

旅行での重量超過の心配いらず!YIEASY 旅行用はかり ラゲッジチェッカーを購入してみた。

  • 小型で86gと軽量
  • 簡単にどこでも旅行カバンの重量を測れる
  • 空港での重量超過料金の心配が軽減
  • 重量だけでなく気温も測定可能

格安航空会社の重量制限と購入経緯

最近ではLCC等で格安に旅行ができる様になり特に海外に行くことの敷居は低くなったように思う。

しかし、格安航空券での旅行では荷物の重量には気を使う必要があり少しの重量オーバーでも追加料金を請求される事も。実際に去年AirAsia Xでハワイから関空に帰って来る際に預け荷物の重量が1kg程超過しスーツケースの中からお土産を取り出し手荷物に移動させ難を逃れた事があった。

荷物の重量だが旅行前だと自宅等で事前に体重計等を使用しおおよその重さは測っていけるが旅行中であれば簡単に測量するのは難しいこともある。

オーストラリア メルボルンへのワーキングホリデーは来月8月の初旬で旅立つ事が決定し、今回使用する航空会社はジェットスター。ジェットスターでの旅行は何度か経験しているのだが口コミによれば年々荷物の重量に対して厳格化されてきているようで少しの重量オーバーであっても追加料金を請求される事が多いよう。

空港でもチェックインの際に預け荷物の重量でモタモタしたくない。そして手荷物の7kg制限でも厳しいチェックがあるようなので予め対策は必要になる。

こういった厳しい重量規制があってこそ格安で旅ができる事は承知の上なのでLCCを利用するにあたっては十分納得しておかなければならない。

またワーホリ中に体重計を購入するとも限らず、シェアハウスにあるのかも分からないのでこう言った商品所有しておくと重宝する気がする。

外観と製品『YIEASY 旅行用計量器』のレビュー

外箱はよくある中国系の製品そのものだが説明書には日本の輸入元代理店(株式会社ドリテック)が入っているようでしっかりと日本語での表記がありサポート用の電話番号も記載されている。

計量器本体は背筋測定器のミニチュアの様な形。

こんなに小さい物で50キロまでの測定ができる。壊れないのか少し心配ではあるが…大丈夫なはず。

製品の機能紹介

サイズ:約13×3×4.4cm(本体部分)
ベルト長さ:約22cm
梱包サイズ152*100*36mm
重量:約85g(電池含む)
計量単位:kg
計量範囲:約1kg~約50kg
精度:10g単位
電源:CR2032ボタン電池×1個
液晶:LCD

Amazon製品紹介より引用

重量は私が測ったら86gではあったが誤差の範囲だろう。

また10g単位での測定可能とのことだが最小測定可能重量が1kgなので1kg以上から10g単位で測定ができるという認識。しかし実際に1kg以下のAmazonの梱包ダンボールを計量してみたが0.14kgと表示され、食品用の計りで測定したところ136gとなっていたので問題なく1kg以下でも測定、表示はされている

50kgまで測定が可能との事なので20〜23kgが旅行航空会社の預け荷物の基準だと思うので旅行にあたっては問題ないだろう。

  • 計量方法は、ベルトがついていて荷物の持ち手等に回しフックを掛けて垂直に持ち上げるだけ。

気温も測れるスグレモノ

本体部のUNITボタンを押すことにより、重量、気温(摂氏℃)、気温(華氏 F)を測ることができる。

旅行中の体調管理に気温をおおよそではあるだろうが把握できるのは良い。

まとめ

旅行の際にこれがあれば、重量を的確に把握できるのでお土産を買い足したり、手荷物を預け荷物に入れ空港内での移動が楽になると思う。

1000円以下の出費で旅行のたびに、荷物重さ大丈夫かな…?と心配する必要がない為コストパフォーマンスは高い。

無くとも問題は無さそうだが持ってて良かったなと思える便利な旅行グッツだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今年2018年で30歳のメルボルンにワーホリ中の大阪の人。 学生時代アメリカへ交換留学→韓国へ1年半→ニュージーランドで3年過ごす。そして日本で就職してみたものの2年で脱落。何だかんだで最後になりそうなメルボルンのワーホリ。 ブログは3年目に突入しましたが文字を書くことに未だに慣れない。ガジェット中心ですがたまに旅行や、海外の話題も書きます。