スポンサードリンク

【レビュー】Go Proの次に流行りそう!360度カメラ 「LG 360 CAM」1年使用後のレビュー &作例

  • 1万円台で購入できる360度カメラ”LG 360 CAM”は楽しい。

 

韓国の家電メーカーLGよりLG G5の”お友達” として登場した360度カメラLG 360 CAMを去年購入しこの1年、お出かけの時や旅行の際に連れ出し面白い写真を数多く取ってきました。

この1年で360度カメラの市場(リコーTHETA、スマホに直接装着できるやInsta360 ONE等)は少しずつ拡大傾向にあり各社から色々な商品が発売中。

私が選んだこの安価で購入できるLG 360  CAMの使い勝手はどうだったのか簡単にまとめてみました。

 

LG 360 CAM REVIEW

 

 

1年使ってみて360度カメラの楽しさを知れた!良い点、悪い点

 

良い点

  • 画角をほとんど気にすることなく撮影ができ、後に好きな部分で写真を切り取ることができる
  • 360度撮影が可能なため集合写真等の写真が簡単に撮れる
  • コンパクトな機体な為持ち運びの際に気にならない
  • 臨場感あふれる超広角写真が撮影できる
  • ”インスタ映え”を狙え、人と違う写真が撮影できる

 

下のような全天球画像も簡単に撮影できます。

画像の加工が必要となりますが、純正のアプリ360 CAM MANAGERでスマホにデータを落とし込み、RICOHのTHETA+というアプリが自動的に360度の写真を認識してくれるのでアプリ内でリトルプラネットの設定で画像を保存するだけ。

 

いわゆる普通の写真(広角な写真)の撮影も

360°カメラですが、カメラが2個付いていて片方だけでの、広角撮影も可能。

アクションカムの様な画角のかなり広い写真も撮れてしまうところが便利。

普通のカメラでは収めきれない幅の画角なのでどうしても風景を一枚の写真に収めたい場合に使える。(歪みはある。)

 

コンパクトな機体な為どこでも連れていける

手のひらに隠れる程小さな端末の為カバンの中に放り込んでいても気にならないし、旅行の際にはズボンのポケットにも余裕で入る。

とにかく小さいので気になった場所があればパシャパシャと撮影。

 

とにかく見返しても面白い写真の連発。

インスタ映えする写真が簡単撮れてしまう。アクションカムのように防水の機能は付いていないが正直アクションカムより楽しいし使える。

スポンサードリンク

良くない点

  • 360度撮影できるが四隅の画質がかなりおちる
  • 少し暗いところでの撮影に関しても画質はいまいち

暗所での撮影に関しては不得意な様でノイズの多い写真になってしまう。

また写真の端を見るとぼやっとした写真になってしまうのは少し不満。

 

まとめ

1年間、360°カメラ「LG 360 CAM」を使用してきた。

上記で色々と感想を書いたが購入して本当に満足している。

特に旅行等で風景と自分、友人を写真に一気に残したい場合はとても便利。

LGの製品だがLGのスマホだけの対応ではなくアプリをインストールできればどのスマホでも連携が可能。

360度カメラだが明るいところ撮影すれば四隅周辺以外は意外と画質も問題は無い。何より画質より楽しい面白い写真が撮れるメリットの方が大きい。

360°で2Kでのビデオ撮影も可能でビデオでは自分がまるでそこにいるかの様な体験も可能。

また写真に関しても360°で見ているとビデオを見ているかのような雰囲気を味わえる。

今、各社から色々と360度カメラの新商品が登場しているが値段が安いこのLG 360 CAMを選択しても後悔はしないと思う。(RICOH THETA の約半額程で購入できる)

今から紅葉の秋。絶景スポットにこのカメラを持っていくと楽しい素晴らしい写真が取れることは間違いなさそう。

一脚も同時に持っていくとより360度が際立った写真が撮影可能!

多機能自撮り棒 Smatree SmaPole QS 主にLG 360 CAMに使いたい。を購入