Soundpeats TrueCapsule🎧を購入・レビュー🔎

Soundpeats TrueCapsule🎧を買いました。

購入経緯

いつかやらかすと思っていたAirPods洗濯事故。

完全に不注意で購入から2年程で気を抜いてしまいジーンズのポケットに入れたまま洗濯機を回してしまいました。

乾燥させて使用できるかと思ったものの右のイヤホンと充電器が完全にお亡くなりになられました。

Android端末と使用していた為、全ての機能を満喫はできてはいなかったですが、接続性、音質等問題は特に無くお気に入りのオーディオ・ガジェットのひとつでした。

そして、2年間の使用でバッテリーがかなり劣化していたのか最後の方は2時間ぐらい音楽を聴いているとバッテリー低下のサウンドが流れるようになっていたので買い替えのタイミングだったあのかもしれない。

Soundpeats TrueCapsuleレビュー

Amazonで検索を掛けると2種類出てくる。

Amazon AUで購入したのではっきりとはわからないが価格の安い方を購入。

今回購入したのは「Soundpeats TrueCapsule」

機能・性能

【商品仕様】
Bluetooth規格:Bluetooth 5.0
Bluetoothプロファイル :HFP V1.7; HSP V1.2; A2DP V1.3; AVRCP V1.6;
Bluetooth チップセット :RTL8763BFR
最大通信距離 :33 feet (10m)
入力功率 :DC 5V / 90mA
再生時間 :約4時間
イヤホンの充電時間:約1.5時間
イヤホンのバッテリー容量:43mAh
充電ケースのバッテリー容量:650mAh
充電ケースの充電時間:約2.5時間
充電ケース・イヤホン充電可能回数:5回
ディメンション(L * W * H) :42.5*23.5*25mm (1つイヤホン)
質量 :5.4g (1つイヤホン)

★Amazon商品サイトより引用

初めてめてオーストラリアでのネットショッピング。日本でもお馴染みのAmazonで購入。

今回のこの機種はあくまでも次の機種の繋ぎとして使用する予定。

本当は

  • Jabra Elite65t
  • Creative Outlier Air
  • BOSE SoundSport

上記3つが購入候補でしたが値段と今の金銭状況からは断念。

日本に帰国した際に購入を決意したので低価格でネット上のレビューも悪くないSoundpeats TrueCapsuleを購入。

 

充電は一世代前のUSB Microだが安価でそこそこ使える事が条件なのでそこは気にしていない。

 

TrueCapsule:ドンシャリ系な音質。悪くないが良くはない。

低音はズンズン来るが高音はシャカシャカ系。

音質に明るい訳ではないが着けた瞬間に音が籠もっているような印象を受けた。

低音は心地良い感じでズンズン来るが高音部の一定の部分が箱に入っている様な感じがする。

イコライザ等でTreble Boostを効かせれば問題なさそう。

また、SONY WH-1000X M3で音楽を聴いていた直後だったので少しいい音に慣れていたという事もあるが通勤通学等での使用で音楽鑑賞を楽しむと言う事でなければ音質は問題ないと言えそう。

TrueCapsuleの装着感・通信性能は良い

カナル型のイヤホンで耳栓のように外の音をかなりシャットアウトしてくれるのでカフェ等での勉強やブログ作業もはかどりそう。

また簡易な標準的なイヤーピースが大中小標準で付属しているため自分の耳に合う形を装着すれば音量を40%ぐらいで外音は気にならないイメージ。

耳の形にもよると思うが私はピッタリとフィットしているので落ちる心配は無く普通に歩いても外れることはなさそう。

ランニング等スポーツでの環境でも使用可能だと思う。

また、このイヤホンを使用しなが通勤をし通信を確認してみた。WH-1000X M3でいつも音楽が途切れてしまうメルボルンセントラルの周辺でもこのTrueCapsuleは途切れなかった。

その日の人の多さにも起因している可能性もあるが通信の途切れなさは優秀。

流石に両耳を手で覆ってしまうと完全アウト。

そして、一度ペアリングしてしまえばケースからイヤホンを取り出すだけで自動的にスマホに接続される点も◎

まとめ:SoundPeats TrueCapsule

  • 5000円以下でバッテリー持ちの良い完全ワイヤレスイヤホン
  • 音質はドンシャリ寄りだが悪くはない
  • 通信性能は良さそう、音飛びは少ない
  • AirPodsと比較しても大きさ、音質共に同等レベル
  • 入門機、サブとしてオススメできる機種。

AirPodsとの比較。

バッテリー、イヤホン本体共にTrueCapsuleが少し大きい。そして質感は値段が3倍程違うので評価しづらい所だが、作りはプラスチック感があり高級感は皆無。

だがタッチ操作が可能で機能面ではAirPodsに勝るところも。

入門機や、サブ機として十分に使えると思う。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今年2018年で30歳のメルボルンにワーホリ中の大阪の人。 学生時代アメリカへ交換留学→韓国へ1年半→ニュージーランドで3年過ごす。そして日本で就職してみたものの2年で脱落。何だかんだで最後になりそうなメルボルンのワーホリ。 ブログは3年目に突入しましたが文字を書くことに未だに慣れない。ガジェット中心ですがたまに旅行や、海外の話題も書きます。