スポンサードリンク

【人気沸騰中】ACアダプタ付き・モバイルバッテリー”Anker PowerCore Fusion 5000”を購入レビュー!

Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー

 

 

暇つぶしのyoutube鑑賞でYoutuberのカズさんが勧めていたUSB充電器兼モバイルバッテリー、あれ?

モバイルバッテリー兼USB充電器?

どっちがメインと考えればいいのかな。(笑)

モバイルバッテリー搭載USB充電器やから充電器がメインやな ← どっちでもいい。

と言っている間にAmazonでAnker PowerCore Fusion 5000をポチッとしていました。

 

スポンサードリンク

 

てなことでこんな感じです。

 

 

Anker PowerCore Fusion 5000

 

(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応

 

製品特徴

モバイルバッテリーと2ポート充電器がひとつに。折り畳み式プラグ搭載のコンパクトサイズ。PowerIQにより急速充電可能

 

製品の仕様

容量 :5000 mAh / 18.5 Wh

AC入力 :100-240 V~0.5 A 50-60 Hz

Micro USB 入力 :5 V ⎓ 2.1 AAC

アダプタ出力 :5 V ⎓ 2.1 A (最大2.1 A)

モバイルバッテリー出力 :5 V ⎓ 3 A (最大3 A)

サイズ :約72 x 70 x 31 mm

重さ :189 g

型番 :A1621011

 

 

上の写真だけみれば、ただのモバイルバッテリー。

 

でもコンセントのアダプタが付いています。

そしてUSBの差込口は2つ。MicroUSBは1つ(給電用)

 

 

このAnker PowerCore Fusion 5000のいいとこ!↑

 

 

  • 今までのモバイルバッテリーだと旅行とか1日以上の外出の際にバッテリー+充電アダプタを持ち歩く必要があったがこの商品1つだけでいいので手荷物が減る。
  • モバイルバッテリーを充電する時に、コンセントからの給電が可能。→USB充電器が1個空く
  • モバイルバッテリー自体のバッテリーが無くなった時でもコンセントがあればスマホ等の充電が可能

 

このAnker PowerCore Fusion 5000のよくないとこ!↓

 

  • バッテリー容量が5000mAhと大体スマホを1回半ぐらいしか充電できないのでちょっと不安。
  • 5000mAhの容量のモバイルバッテリーにしては大きい。
  • 2ポートのUSB充電器と見ても大きい。
  • カフェ等のカウンター席の席上壁側等にコンセントが設置されている場合、本体の太さの為コンセントが差し込めない場合がある

参照;:Ankerの小型で10000mAhのバッテリーAnker PowerCore 10000と比べるとこのぐらいの差が。

 

 

重量比では本機189gと180gで僅か9gの差。見た目が大きので、もう少し重いような気がしてたけど。差はたったの9g

 

 

おすすめできる。

 

モバイルバッテリーとACアダプタ付きの充電器”Anker PowerCore Fusion 5000″のコンセプトを持った商品は今までも超大容量バッテリーを搭載したものは販売していたようですが、普段使いで持ち運び可能なモバイルバッテリーでは今までに無い商品の様。

やはり、外出する時は少しでも荷物は減らしたいもの。

特にモバイルバッテリー自体を持ち出しても充電を忘れると使用不可。そんな時にこれがあれば外出先コンセントがあると充電もできるし、モバイルバッテリーとしての役割も兼ね備える。

お値段も¥2,299.-(2017年4月7日当時)と充電器とバッテリーが付いていると考えればお得感はある。

 

”あれば良かった商品”としておすすめ!

モバイルバッテリーの充電を良く忘れてしまう人や、コンセントから直接モバイルバッテリーを充電したい人はチェックしてみてもいいかもしれない。

以上!